祭典・行事について

1月:睦月(むつき)

元日/初詣
「一年の計は元旦にあり」と言われるように、年の初めにその年が良い年であるよう、参詣して祈願します。

元日/新年祈祷
初詣の際に、お祓いを受けて祈願をこめた御札をお受け下さい。

8日/清祓(きよはらい)
正月の松飾や注連縄、古い御札をご神火により炊き上げます。また護摩(ごま)祈祷の神事を行います。

saiten01 saiten02


2月:如月(きさらぎ)

初旬頃/高月稲荷神社初午祭(中神谷)
二月の最初の午の日に行う稲荷神社のお祭りです。高月稲荷神社と境内末社で祭典を執行します。

下旬頃/祈年祭
「としごいのまつり」とも言われ、穀物の豊穣や諸産業の繁栄・国の安泰を祈る祭りです。「年」は稲の稔りの意味で、重要な祭りの一つです。

旧暦初午/伏見稲荷神社初午祭
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

jyunbi_photo jyunbi_photo


5月:皐月(さつき)

4日/例大祭
年間祭事の中でも特に盛大なお祭りです。午前10時より、拝殿にて祭典を執行します。子供神輿(みこし)を先発に、11時30分からは青年による神輿渡御が行われ、上神谷・中神谷の字内を巡行します。小学生女児による稚児舞(ちごまい)・水戸里神楽も奉奏されます。

saiten04 DSC04930


6月:水無月(みなづき)
下旬頃/大祓(夏越)
大祓は、毎年6月と12月に行われ、6月の祓は「夏越祓」・「水無月祓」と言われるものです。知らず知らずのうちに犯してしまった罪や精神的な穢(けが)れ、一切の災厄を祓い清めて、清らかな心身に立ち返るための神事です。

jyunbi_photo jyunbi_photo


7月:文月(ふみづき)

20日/千度大祓
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

25日/夏祭り(夏越大祓)・山倉神社例大祭
末社の山倉神社は、疫病除け・農作物の豊穣の神様として信仰されています。

30日/八坂神社例大祭(上神谷)◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

saiten06 


10月:神無月(かんなづき)

3日/伏見稲荷神社例大祭
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

15日/秋季大祭(幣束祭・氏神祭)
春の例大祭に対し、秋に行う大祭です。当日社殿で祭典を執行しますが、氏子の家々では屋敷内の氏神様をはじめ竃神・井戸神などに幣束を飾ります。また門口などには戸祓の幣束を差してお祭りをします。

◯◯日/刈穂祭
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

28日/いわき市神社総代会講習会◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

jyunbi_photo saiten09


11月:霜月(しもつき)

1日/立鉾会総会
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

15日/高月稲荷神社秋季大祭(中神谷)
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

29日/新嘗祭(しんじょうさい)
新穀をお供えして収穫を感謝します。また諸業の発展もあわせて感謝し、国家・国民の繁栄を祈ります。

新嘗祭01 jyunbi_photo


12月:師走(しわす)

23日/大祓(年越)
12月に行われる大祓は、「年越祓」・「師走祓」と言われ、清らかな心身で正月を迎えるための神事です。人形に家族の名前を書き、神前にてお祓いいたします。

IMG_1479 DSC00701 (1)

PAGE TOP